HOME » 不動産担保ローンの代表的な融資事例 » 借換え・ローンの1本化

借換え・ローンの1本化

ここでは不動産担保ローンを利用して借り換えや、複数の借入の一本化を行った事例の紹介をしています。

借り換えでエンドレス返済をストップ

手軽に借入ができる消費者金融は庶民の強い味方ですが、借りやすいことが裏目に出て返済に行き詰まる例も少なくありません。2010年6月に完全施行された改正貸金業法では、借入残高の合計が年収の3分の1を超える借入ができなくなりました。

同法が施行される前からすでに年収の3分の1を超える借入残高がある人では、新たな借入ができず返済だけを延々と続けていかなければならなくなってしまいました。せめて借入金を一本化できれば返済計画が立てやすくなるのですが、もともとの借入総額が総量規制で定められた枠を超えてしまっているため、新たに借入総額と同等のローンを組むこともできません。

しかし不動産担保ローンでは自宅以外に担保となる不動産物件があれば、年収の3分の1を超える金額についても融資を受けることが可能です。いつ終わるとも知れない消費者金融からの借入を清算して、返済の目処が立ちやすい年利・返済額・返済回数のローンに組み換えることは、新たな人生設計の第一歩にもなり得るでしょう。

不動産担保ローン融資事例

不動産担保ローンで借り換えや借入の一本化を実行した融資の事例を紹介します。

月々の返済が10万円超から6万円に減額

消費者金融など5社から合計300万円の借入がある会社員(男性)の例です。
毎月の返済額が10万円を超えていることから生活が圧迫されて、返済しては借りる生活を続けて一向に完済の目処が立たなくなっていました。このままでは一生利息を払い続けるだけと両親に相談して、父親名義の土地を担保に不動産担保ローンで借金の一本化を図りました。金利8%、5年返済で300万円を借り入れ、毎月の返済額は6万円に減額。生活に余裕ができた上、5年で完済できる目処も立ちました。

不動産担保ローンからの借り換え

不動産担保ローンで700万円を年利16%、10年返済で借り入れていました。毎月の返済額は11万7,259円。さらに消費者金融からも300万円借り入れたことから月々の返済額が20万円を超えて、生活に支障を来し始めていました。返済が破綻すれば担保の不動産を失い、生活の基盤も無くしてしまうような状態でした。
金融会社数社に相談したところ1社が借り換えによる借金の一本化を提案してくれたので、それに賭けてみることにしました。結果、年率12%で15年返済、毎月の返済額が12万に抑えられたことで無事に返済を継続。不動産を失わずに生活の再建が実現しました。

住宅ローンとカードローンを一本化

65歳無職の男性で認知症の診断を受けているため、35歳の長男が成年後見人として登記されています。銀行の住宅ローンとカードローンのまとめ資金として、2,000万円の不動産担保ローンを申し込みました。
物件が近隣商業地域で駅からの利便も良く、駐車スペースも確保されて担保価値が高いため、総額4,200万円と評価。2,000万円の融資なら47%になるため、問題なしということで融資が実行されました。契約者本人に返済原資がないため成年後見人の長男を主債務者とすることで、年率6%、25年返済のローン契約を締結。毎月の返済額は12万9,000円になりました。

金利の安さ・融資スピードの早さ・返済期間の長さ・手数料の有無
大阪の不動産担保ローン会社を総合的に評価!おすすめの5社を選びました
優良不動産担保ローン会社ベスト5【大阪】