貴方にマッチする大阪の不動産担保ローン会社紹介サイト » 不動産担保ローンの基礎知識 » リバースモーゲージやリースバックとの違いは?

リバースモーゲージやリースバックとの違いは?

リバースモーゲージ・リースバックと不動産担保ローンがどのように違うのか、説明しています。

リバースモーゲージとは

リバースモーゲージとは、シニア向けの生活資金確保のための制度です。年金同様に月に1回もしくは限度額を一括で融資してもらい、生活費として充てるものです。

あくまでも「融資」なので、返済は必要。ただ、月々は利息分だけで良い、としているプランもあります。契約者が自宅から退去して施設に入所したり、亡くなった後に担保となった不動産を売却し、返済します。

不動産担保ローンとの違いは?リバースモーゲージ編

不動産担保ローンは契約時に融資額を一括で受け取ります。月々の返済が発生し、返済状況に問題がなければ、不動産は保有したままになります。

リバースモーゲージは担保不動産の売却が前提となりますが、不動産担保ローンは返済が困難になった時に限り、不動産を売却します。

資金使途を問わない不動産担保ローンに対し、リバースモーゲージで得られた資金の使途は生活費に限られているほか、いずれは売却するため、相続人の同意も必要となり、場合によっては条件が厳しくなります。

リバースモーゲージは老後の生活資金のための制度なので、一定以上の年齢でなければ利用できません。逆に不動産担保ローンは月々の返済が前提となるため、若いほうが審査に通りやすくなります。

どんな人におすすめ?リバースモーゲージ編

上記のような方はリバースモーゲージの利用を検討しても良いかもしれません。

よくよく検討したうえで、どのように資金調達するか考えてみてください。

リースバックとは

リースバックは不動産を売却後、賃貸として住み続けられる制度です。売却して所有権を手放すことで資金を受け取り、新しい所有者に家賃を支払います。

所有権が移るので固定資産税や都市計画税の負担が無くなるほか、金額に折り合いがつけば再度買い戻すことも可能です。

不動産担保ローンとの違いは?リースバック編

不動産担保ローン・リースバック共に、自宅をはじめとする不動産を活用して資金調達を行ない、自宅に積み続けられるという共通点があります。

大きな違いは、所有権を手放すことです。不動産担保ローンは返済に問題がなければ、不動産を手放す必要はありません。一方、リースバックは不動産の売却が前提となります。

また、不動産担保ローンは完済し、審査を通れば、何度でも契約できますが、リースバックは不動産を手放しているため、再度利用するためには、買い戻しか新しく不動産を購入する必要があります。

さらに、所有者の同意があれば利用できる不動産担保ローンに対し、リースバックは本人が所有する不動産に限られる点も大きな違いです。

どんな人におすすめ?リースバック編

上記のような方はリースバックの利用を検討しても良いかもしれません。

よくよく検討したうえで、どのように資金調達するか考えてみてください。

不動産担保ローンが向いている人は?

以下のように考えている人ならば、不動産担保ローンの利用に向いています。

一括での資金調達が必要で、自宅の売却予定がない方は不動産担保ローンの利用がおすすめ。

希望条件ごとにおすすめの不動産担保ローン会社を紹介しているので、業者選びの参考にしてください。

           不動産担保ローンを
得意とする大阪の
貸金業者を紹介
           

「融資スピード重視の方向け」「融資限度額を重視する方向け」「適用金利を重視する方向け」の3つのポイントで、それぞれおすすめの大阪の不動産担保ローン会社を紹介しています。