貴方にマッチする大阪の不動産担保ローン会社紹介サイト » 不動産担保ローンの基礎知識 » 古いマンションでも審査は通る?大阪の不動産担保ローン対象になる条件を紹介

古いマンションでも審査は通る?大阪の不動産担保ローン対象になる条件を紹介

古いマンションが不動産担保ローンの審査を通らない場合と通る場合

築年数の古いマンションは担保対象にならないことが多い

不動産担保ローンは、低金利で無理なくまとまった金額のローンが組めることから利用を検討する人が多いローン商品です。

しかし、担保になる物件に価値があるかどうか、という点が審査において重要となり、どんな物件でも担保として認められるわけではありません。

築年数の古いマンションの場合は、多くが担保対象とならないといわれていますので、該当する人はまずその点を念頭に置きましょう。

また、洪水など災害が起きやすい地域にある物件も担保にできないことが多いです。

物件の条件と状態によっては審査が通る可能性も!

必ずしも、古いマンションが担保対象にならないというわけではありません。

人気のあるエリアのマンションだったり、建物の状態がよい場合は審査対象となる場合があります。

同じ大阪でも人気エリアとそうでないエリアに分かれますので、ご自身のマンションの立地を見直してみましょう。

リフォームなどでまとまった費用が必要となった場合、リフォームローンでは足りないときに不動産担保ローンを使用するケースがあります。

リフォームが必要なくらいですから築年数はかなり古いと思われますが、利用用途によっては、古いマンションでも審査に通ることがあるようです。

ノンバンクのほうが審査が通りやすい

大手の銀行は不動産担保ローンにおける審査が厳しく、古いマンションだと担保対象とならないことが多いようです。

ノンバンクのほうが、どちらかというと物件条件によって審査が通りやすいようですので、「少し引っかかってしまう物件かもしれない」という自覚がある方は、ノンバンクへの申し込みを検討してみてはいかがでしょうか。

担保対象となる物件条件は「高く売れる不動産」

担保対象となるのは、万が一の事態が発生したときに売却してローン金額を賄うことができる不動産であることが前提となります。

要は、「高く売れる不動産」ということです。

人気エリアにある状態のよい住宅などは、担保対象となりやすいといえます。

ちなみに担保に設定する不動産は、住宅でなく土地などでも申し込むことが可能です。

また、本人名義の不動産でなく親御さんや親類などの名義であっても、名義人にきちんと理解をいただいているのであれば申し込むことができます。

           不動産担保ローンを
得意とする大阪の
貸金業者を紹介
           

「融資スピード重視の方向け」「融資限度額を重視する方向け」「適用金利を重視する方向け」の3つのポイントで、それぞれおすすめの大阪の不動産担保ローン会社を紹介しています。